ヨンイル旅行社ホーム > 統一安保韓国ツアー > 板門店(JSA)ツアー


最低人数:2名
時間:09:00〜16:30
料金:85,000ウォン(一人あたり)

 
 
ソウル市内ご希望のホテル → ロッテホテル明洞経由 → 統一展望台(北朝鮮展示館) → 臨津閣(イムジンガッ)公園、自由の橋 → 昼食 → 統一大橋検問所(パスポート提示)→キャンプボニファス(ブリーフィング)→板門店見学(自由の家、本会議場、第三警戒所、帰らざる橋など)→ロッテホテルソウル明洞
※ 火〜金曜出発


板門店(パンムンジョン)は、他の観光地と違い世界で唯一、今に残る東西冷戦の緊張対立の現場で、すべての人々に自由と平和の価値を教えてくれるところです。板門店ツアーの前に、まず韓国戦争について理解する必要があると思われます。

1950年6月25日午前4時に始まった韓国戦争は、韓半島が日本敗戦による植民地支配から脱し、自主独立を歩もうとする中で北緯38度線を境に北をソ連、南をアメリカが分割占領統治を行ったことに端を発します。当時はまだ双方の往来は自由でしたが、北ではソ連の後援を受けた金日成が共産主義国家設立の道を歩み始めます。北のこの動きに対して日本統治時代にアメリカに亡命して独立運動を行っていた李承晩が南での国家設立をアメリカに迫り、1948年8月13日に金日成に先んじて大韓民国の成立を宣言します。これに激怒した金日成が同年9月9日ソ連の後援を得て朝鮮民主主義人民共和国を設立させます。この結果北緯38度線は単なる大国によって線が引かれた境界線ではなく、国境の性格を帯びてしまいます。

ソ連・アメリカがそれぞれに北と南での軍政を解き、その後金日成はアメリカ国務長官ディーン・アチソンの防衛ライン発言を受けて、西側陣営の韓国放棄と一方的に受け取ります。そうして金日成は南侵に関するスターリンと毛沢東の承諾を取り付け、1950年6月25日に38度線を越境します。これに対し韓国軍は総崩れとなり6月28日にはソウルが陥落、国連軍が参戦しますが、大邱釜山を残して追いつめられてしまいます。

ここで連合国軍最高司令官のダグラス・マッカーサー元帥が仁川上陸作戦を成功させ、ソウル奪還、さらに38度線を北上し平壌を制圧、進撃を進めますが、中国軍が参戦し人海戦術で国連軍を圧倒、38度線付近まで後退、さらにソウルが奪還されます。ここで国連軍は態勢を立て直し、ソウルを再び奪回しますが、戦況は再度38度線付近で膠着状態、ついには1953年7月27日、板門店で北朝鮮・中国と国連軍の間で休戦協定が結ばれます。

この戦争で犠牲者は400万人、離散家族が生まれ、軍事境界線は38度線と呼ばれ、事実上の国境線となって南北間の往来が絶望的になってしまいました。

板門店(JSA)ツアーでは、ガイドによって日本語でこれら歴史の詳しい説明も行われ、韓国軍と北朝鮮軍、そして国連軍(アメリカ軍)が警備している姿も直接見ることになります。日本でも公開された韓国映画「共同警備区域JSA」でも描写されていた「帰らざる橋」(映画の中で南北双方が銃撃戦を行った橋)の本物も見ることができます。映画の最初とラストシーンで出てきた軍事停戦委員本会議場にも実際に近づき、さらに入って見学することができます。(映画はオープンセットです)映画でイビョンホ氏が演じたのと同じように韓国軍の憲兵がサングラスをかけて微動だにせず仁王立ちしているのも間近で目撃できますし、会議場の中で軍事境界線を越えることもできます。

注意事項
1.パスポートを持参する。
2.在日韓国人の方は参加できません。
3.10歳以下の子供はツアーに参加できません。
4.観光スケジュールは軍の管理下にあり、板門店の突然の事情によるツアーキャンセルの場合はツ
アー代金を返却致します。
5.観光前の飲酒は禁じられています。
6.カジュアル服は可ですが、ジーンズ(ジーンズ色のすべての服)、サンダル、半ズボン、袖無し、Tシ
ャツ、スポーツウェア、ミリタリーファッション、ミニスカートなどの露出の多い服は着用が禁じられてい
ます。
7.ツアーのキャンセル料は、ツアー前日がツアー料金の50%、当日と無連絡のキャンセルはツアー
料金の100%です。
ご予約

 


 

サイトマップ l ヨンイル旅行社ホーム l 韓国ドラマ映画ロケ地ツアー l ソウル近郊・地方ツアー l ソウル市内ツアー l 統一安保韓国ツアー l
ナイトツアー l 体験ツアー l 自由プランツアー l 会社案内 l 申請方法案内 l FAQ l お知らせ l 自由掲示板
Copyright (c) 2006 ヨンイル旅行社 YONG-IL TOUR. All Rights Reserved. powered by asiacomm
 

ILoveSeoulTourブログ